サラ金ってどういう意味?

サラ金という言葉は最近あまり聞かなくなってきました。サラ金とは「サラリーマン金融」の略であり、主にサラリーマンや学生、主婦を相手に融資をする貸金業者のことです。銀行と比較すると融資に積極的な反面、金利が高いというデメリットもあります。貸金業法が改正される前、消費者金融では利息制限法を超え、出資法以内の金利で貸し付けをしている業者が多数ありました。利息制限法では最大金利が20%なのに対し、出資法では29.2%が上限となっています。そのためこの間の金利幅は「グレーゾーン金利」と呼ばれ、判断があいまいなまま長年放置されていたのです。貸金業法が改正されることによってグレーゾーン金利も撤廃され、払いすぎた利息を返還する「過払い金返還問題」に直面することになったのです。こうしてサラ金は一気に経営難に陥ることになりました。中には大手でも倒産してしまった会社もあります。そこで手を差し伸べたのが銀行です。

銀行には豊富な資金があるため、消費者金融としても資金の後ろ盾ができることはとてもメリットがありました。銀行にもメリットがあり、消費者金融の持つ無担保ローン融資のノウハウを獲得することができたのです。こうして業界が再編されることにより、「サラ金」という表現はあまり使われなくなってきました。しかし意味合い的にはどちらも同じ会社のことを指しています。また、サラ金に悪いイメージを持っているのは、中高年より上の世代に多くいます。それは過去に高い金利で貸し付けを行っていたことにより、多重債務となって破産してしまう人が続出し、それが社会問題になったことがあるからです。こうした問題はバブルがはじけた昭和50年代から始まっています。その後法律も整備され、恐い取り立てが来るというのもドラマの中の世界だけのことになりました。現代では取り立てに関する規制も厳しいため、過去のような悪徳業者は駆逐され、クリーンな業界となっているのです。