簡単にお金が借りられるサラ金とはどんな業者なのか

サラ金とは、サラリーマン金融の略語で、主に個人に向けて融資をしている、現在で言う消費者金融のことです。よくサラ金と闇金を一緒だと思っている人もいますが、サラ金は国の許可をとった登録業者なのに対し、闇金は無許可で賃金を貸している違法業者です。これにより大きな違いは、サラ金は法律に則り金利18%の範囲で融資をしていますが、無許可の闇金は法律を無視して暴利な金利を要求してきます。また、返済が滞ったり利息分の支払いが行われなかったりした場合に、闇金は違法な取り立て行為をしてきます。しかし、それでも闇金から融資を受ける消費者がいるのは、サラ金では総量規則により、年収の3分の1までしか融資を受けることができない中で、この規則を無視して融資をしてくれる状況に甘え、お金に苦しんだ挙句に行き着いてしまう現状があると言えます。サラ金のメリットは、銀行系の融資に比べ手続きが早く手軽に融資を受けられることです。年収に対して借りる金額が大きすぎなければ、基本的に無担保で融資が受けられます。ただし、闇金ほどではないにしても、金利は住宅ローンなどに比べ高いので、手軽さゆえに借りすぎて借金生活から脱出できなくなる人も多くいます。

サラ金から融資を受ける場合は、自分の収入から毎月必ず返済できる金額にとどめ、いつまでにすべて返済するか計画をたてるようにしましょう。また、サラ金から融資を受ける際は、できれば複数から借入れせずに借りる業者を絞って借りるようにしてください。複数の業者から借入するとそれぞれ支払いが必要となり、毎月の返済が大変になります。利息もそれぞれにかかりますので、まとめて返済できるのが理想です。サラ金で作った借金はできる限り早く返済できるようなプランをたててください。もし返済が滞ればサラ金でも不法な取り立てはなくても毎日のように連絡がきます。その連絡も無視していると、信用情報機関に名前が記載され、いわゆるブラックリストに入ってしまいます。そうなれば今後、サラ金はもちろん車のローンや住宅ローンを組みたいと思っても、どこからも融資を受けることができなくなりますので、十分に気を付けてください。(サラ金の詳細情報を公開中